ICAS 書籍賞 (IBP) 応募方法・規定

ICAS 書籍賞 (IBP) 応募方法・規定

ICAS Book Prize (IBP)日本語版の公式主催者は、京都精華大学です。

IBP日本語版2021年のSecretaryはOussouby Sackoで、Acting SecretaryはAysun Uyar Makibayashiです。

ICAS(International Convention of Asia Scholars・アジア研究者国際会議)事務局が、ICAS Book Prize (IBP)を運営します。ICAS Secretary Paul van der Veldeは、全て8つのIBP外国語版のGeneral Secretaryを兼務します。

IBP 読書委員会は、選考プロセスにおいて、共同で合意された一連の原則に従います。読書委員会の決定を、最終決定とします。

 

1. 書籍は2020年5月15日から2020年12月15日まで、IBP2021年のサイト(www.icas.asia)から応募できます。

2. 対象のなるタイトルは、人文科学と社会科学におけるアジア関連の学術出版物です。

3. 出版物は、日本語で執筆されているものです。

4. 出版物は、2018年10月1日から2020年10月1日までに初版として出版されたものだけです。

5. 復刊書、参考書、アンソロジー、フィクション、詩歌集、旅行書、自叙伝、回顧録、パンフレット、教科書と展覧会カタログは対象外です。

6. 出版社(学術出版社または商業出版社)が、書籍をオンラインで応募することができます。

7. 書籍のタイトルをオンラインで入力すると、Acting Secretaryが提出者に、原本の送付先(合計6冊)について連絡します。 書籍は返却されません(不適合と判断された場合においても)。

 

IBP 2021授賞式は、ICAS 12の開会式で行われます(2021年8月24日、京都、日本)。 IBPショートリストの著者は、IBP2021授賞式にご参加されるようにお願いいたします。

IBPショートリストを、2021年5月頃に著者と出版社に直接連絡し、またアジア研究に関連する各プラットフォームを通して公示します。

IBP日本語版の賞金は、€2500(複数の作品が受賞の場合、等分します)です。賞金のうち、€1250を直接授与し、€1250はICAS 12への参加費用とします。

 

問い合わせ:Aysun Uyar Makibayashi  [auyar@mail.doshisha.ac.jp]

Paul van der Velde (IBP General Secretary)
Oussouby Sacko (IBP Japanese Language Edition Secretary)

 

 

 

IBP日本語版書籍賞の募集が開始し、応募を受け付けています

このWebサイトに登録してログインした後にのみ、書籍を送信できます。提出プロセスを開始する前に、まず規則と規制をお読みください。書籍をオンラインで送信する前に、書籍を送付しないでください。 タイトルを送信した後、ハードコピーを送信するための詳細な指示を受け取ります。