The IBP 2023 Japanese Language Edition

The IBP 2023 Japanese Language Edition

ICAS Book Prize(ICAS 書籍賞/IBP)は、アジア研究に関する優れた出版物を表彰するものです。IBPは従来の地理そして学問上の区分に代わり、社会科学や人文科学における学際的な広い分野を対象として実施しています。2005年に50冊の書籍と5本の博士論文を対象に始まったIBPは、2021年には700冊の書籍、170本の博士論文、および98編の論文の応募があるまでに成長しました。ICASによる世界へ一層、開かれた取組みを反映し、IBPでは様々な言語の出版物を表彰しています。

締め切り: 2023年2月1日

出版物の応募には、まず本Webサイトに登録およびログインしてください。応募いただいた後、くわしい手続きと出版物の郵送についての案内が登録のメールアドレスに送信されます。なお応募する前に、下記の規約をご確認ください。
 

ICAS Book Prize (ICAS 書籍賞/IBP) 2023日本語部門

IBP 2023日本語部門は、IIAS(International Institute of Asian Studies, 国際アジア研究所)、ICAS(International Convention of Asia Scholars, アジア研究者国際会議)と日本貿易振興機構アジア経済研究所(Institute of Developing Economies, Japan External Trade Organization, IDE-JETRO)が共催します。アジア経済研究所は、日本における新興国・開発途上国地域に関する研究拠点として、世界への知的貢献をなすことを目指しています。そのために、それぞれの地域に密着した知識を収集・蓄積し、新興国・開発途上国の実態と課題を明らかにし、これらの国々に対する深い理解を広く国内外に提供します。こうした研究所の活動は、日本の国際理解を深め、ひいては日本と国際社会との望ましい連携を促進するための知的基盤となるものです。

 

IBP 2023年日本語部門のSecretaryは、Aysun Uyar Makibayashi (auyar@mail.doshisha.ac.jp)です。

 

IBPは、ICAS(International Convention of Asia Scholars・アジア研究者国際会議)事務局が運営しています。ICAS Secretaryの Martina van den Haakが、IBPの各言語部門のGeneral Secretaryを兼務します。Acting Secretaryは、Wai Cheung (ibp@iias.nl)です。

 

IBP 選考委員会は、合意された一連の原則を遵守して選考を行います。選考委員会の決定が、最終決定となります。

 

IBP 2023年日本語部門ルールと規定

  1. 応募ページ(https://icas.asia/user/login)から、応募できます。募集期間は、2022年10月から2023年2月1日までです。
  2. 対象は、人文科学と社会科学におけるアジア関連の学術的な書籍と博士論文です。アジア関連とは、東アジア、東南アジア、南アジア、西アジア、中央アジア、ユーラシア大陸のアジア州に位置するロシアの一部を意味します。
  3. 日本語で執筆されているものに限ります。
  4. 2021年2月1日以降に初版として出版されたもの、およびこれまでIBPに応募されてないものに限ります。
  5. 復刊書、参考書、アンソロジー、フィクション、詩歌集、旅行書、自叙伝、回顧録、パンフレット、教科書、および展覧会カタログは、対象外です。
  6. 応募は、出版社(学術出版社・商業出版社)が行います。
  7. 応募いただいて後、IBP日本語部門 Secretaryから応募者へ、原本(6冊)の送付先等について連絡します。なお、お送りいただいた出版物は返却されません(応募に不適格と判断された場合も含む)。

 

IBPとICASについて

今回のIBPから、IBP と ICASは1年ずつ交互に実施されます。またこれまでは、IBPの受賞者は ICASでの授賞式にしか出席できず、ICAS全体のイベント等に参加することはできませんでした。これからは、受賞者はICASのパネルで受賞作などを紹介したり、独自のパネルを組織したりと、よりアクティブにICASへも参加することができます。

 

なおIBPの授賞式は、2023 年 9 月にオンラインで行われる予定です。

 

授与

IBPの受賞については、受賞作の著者と出版社に直接連絡し、The Newsletter(IIAS: www.iias.asia/the-newsletter)にも掲載します。また、アジア経済研究所など、様々なアジア研究のプラットフォームを通して配信されます。IBP日本語部門では、「Best Book in Asian Studies」として1250ユーロと、ICAS 13へ参加するための航空券が授与されます。受賞作が共著の場合、賞金は共著者に分配され、航空券はICAS 13へ参加する代表者に支給されます。

 

ここからログインして、IBP日本語部門へご応募ください »

 

お問い合わせ: auyar@mail.doshisha.ac.jp

Aysun Uyar Makibayashi (IBP 2023日本語部門Secretary)

Language

ICAS書籍賞2023日本語部門の応募を受付中です。

応募にはまず、Webサイト上にて登録およびログインしてください。手続きを開始する前に、ルールと規定をお読みください。なお、オンラインによる手続きを完了する前に、出版物を送付しないでください。オンラインによる手続きの完了後、登録したメールアドレスへ、出版物をお送り頂くための詳細な指示が送信されます。